2017春です

桜満開2017新年度スタートです。

昨年の後半はパソコンのOSをグレードアップして、しかし古い機種のままなので(今も)思うように動作できなくて、更新ができず仕舞いでした。おいおい昨年の報告もしていきたいと思いますが、何はともあれ、明日4月8日(土)、田中悠美子さんに代わり急遽出演することとなりました、イベントのお知らせから。

灰野敬二さんとの即興デュオ70分待った無し。です。
言わずと知れた灰野さんとは、その昔ドイツのメールスジャズフェスティバルで拝見し、それからほぼ4半世紀過ぎております。初顔合わせの行く先は。。そんな花祭ーぜひお出かけください。

*そして田中さん、1日も早くお元気になってください。

大好きな田中美登里さんの番組に呼んでいただきました🌸
4月9日(日)早朝4:30〜5:00放送されますので、関東で早起きしてしまった方は聴いてください♪(´ε` )
そしてその時間から1週間はタイムフリーで、世界のどこでも、いつでもネットラジオで聴けますので、ぜひお聴き逃しなく〜!

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ

ゲスト:竹澤悦子、向島ゆり子 出演:田中美登里
テーマ:竹澤悦子、三味線で歌う
2017年4月8日(土)28:30~29:00 TOKYO FM
&radiko.jp(1週間以内ならタイムフリー聴取可)
4月8日(土)28:00~28:30 K-MIX(FM静岡)

4月9日(日)0:00~1:00am MUSICBIRD THE AUDIO
http://musicbird.jp/programs/twmw/

radikoならPCでもスマホでも1週間後まで聞けます。
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ | TOKYO FM | 2017/04/08/土 28:30-29:00
http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20170409043000

4月9日/三味線で歌う ゲスト:竹澤悦子、向島ゆり子

いつの頃からか、三味線で歌う日本語にスゴク惹かれるようになりました。ギター

ギターだとどうしてもコードを弾いてしまうので、「調性縛り」から逃れられないんだけど、三味線は歌の心に寄り添いながら、でも淡々としたところもあって、いいんだなあ。
沖縄や奄美の島唄、上野茂都さんの新作端唄もいいけど、

《悦ちゃんこと竹澤悦子さんの地唄がすばらしい!》

現代に生きる地唄を模索する悦ちゃん、以前にも邦楽落語「松山鏡」をスタジオでやっていただいたりしましたが、今回は地唄の名曲「黒髪」と現代の「黒髪」というべきOnly Love Hurts(面影ラッキーホール)の「おみそしるあっためてのみなね」をリクエスト。
2015年の初演以来、演奏を重ねている三味線弾き語りのための「狸囃子」(野村誠作曲 木ノ下裕一作詞)もご披露いただきます。パンクからバッハまで変幻自在なヴァイオリニスト、向島ゆり子さんを相方に地唄未来形。

そして来週になりました、向島ゆり子さんとのデュオライブ。生で、体験しに来てください!

4月15日(土)穀雨降る
竹澤悦子 (箏, 地唄, 三味線), 向島ゆり子 (vln)

日差しが増して、雨は五穀の成長の慈雨となり、野は花の色からまばゆいばかりの新緑に、溶け込む箏とヴァイオリンの音色。

———————————————————-
1st stage 7:30pm / 2nd stage 9:00pm (2回)
charge : ¥3,200(予約¥2,700)+ Drink Fee
Facebookの参加表明ではご予約になりません。お電話かメールにてお申し込みください。
電話予約 LADY JANE 03-3412-3947 / BIGTORY 03-3419-6261
mail予約はbigtory★mba.ocn.ne.jp(★を@に変えて送信してください)